めんどくせぇことばかり 子ども『習近平vs.中国人』 宮崎紀秀
FC2ブログ

子ども『習近平vs.中国人』 宮崎紀秀

何度か話に出したことがあるが、定時制高校に勤務しているときに、中国人の生徒を教えていたことがある。

彼の父親は、中国の瀋陽にいる。彼は母親と日本に来た。母親は、日本人の男の妻という立場で、日本に滞在していた。最初からわけの分からない話だが、彼は「へへへ」と笑って済ませていた。

“中国”が人口増加抑制を目的として始めた一人っ子政策の問題が、そろそろ深刻になって、問題化し始めた時期に生まれた子だった。

中国人には儒教の教え、特に孝の精神が染みついているから、祖先を祭る子孫を絶やすわけには行かないだろう。さらには、子どもを育てて老後に備えるという意識が強いんだそうだ。そうなると、家に男の子がいないというのは、ちょっとまずい状況ということになる。中国人は面子を大切にする。そんな中国人は、自分の家が、祖先を祭る跡継ぎを残せない家と見られることに、面子が立たないと感じるらしい。

私が定時制で教えていた、・・・SKくんとする・・・SKくんには、お姉さんがいた。一人っ子政策下、二人目三人目の子どもを持つというのは、いろいろな不都合があるはず。それをSKくんにぶつけてみると、「お姉さんは、だから、生まれたことになってない」と、軽く言っていた。そのくらいは、よくあることらしい。どうやら、学校にも行ってないらしかった。

日常生活でも、“お姉さん”とSKくんの関係は、私たちがよく知る姉弟のものとはだいぶ違うもののようだった。「男の子と女の子では、家族の扱いが違うのか」と聞いてみたら、それはもう「当たり前だよ」ということであった。

おやつをもらえるのは、SKくんだけで、お姉さんの分はないんだそうだ。SKくんが食べて、余ったらお姉さんも「食べられることがある」ってことだった。ご飯の時のおかずも、全然違うと言っていた。

この本では、そんな状況を《重男軽女》と言っている。

そんなこともあって、男の子は、両親や祖父母の過剰なまでの愛情を一身に受けて育つ。そして、とてつもなくわがままな子どもになる。そんなわがままな子どもたちは、《小皇帝》と呼ばれる。


『習近平vs.中国人』    宮崎紀秀

新潮新書  ¥ 880

新型ウイルスは“アリの一穴”、問われるのは共産党統治の正当性だ!
第1章 腐敗官僚と暴露愛人
第2章 無罪でも死刑にされる国
第3章 平凡な日常も命がけ
第4章 色と金と憎しみと
第5章 それでも「六・四」の火は消えず
第6章 ある日、夫が消えた


親は、当然のように、子どもを学校に送り迎えするんだそうだ。下校時刻が近づくと、校門の外には、お迎えの親たちが鈴なりになるという。だけど、それは溺愛だけが理由ではないようだ。親たちは、我が子が誰かにさらわれないように、心配で学校まで送り迎えしてるんだという。

“中国”では子どもの誘拐が、とても多いようだ。

『中国統計年鑑』によれば、全国の警察が事件として取り上げ、捜査した婦女児童の誘拐売買案件は、2015年には9150件、2016年には7121件に上ったという。警察が「誘拐」として取り上げたものだけで、その数になるという。“中国”では、警察の都合によって、誘拐されたと訴え出ても警察に取り合ってもらえないことも珍しくないという。

“中国”の警察は、なにかと、そういうところが少なくないと、他でも読んだことがある。そのせいか、綿々とひそかに繰り替えさえてきた児童誘拐は、未解決事案も含め、どれほどの被害者がいるのか、全体像は分かっていない状況だという。

結局、「需要があるから」と考えるしかなくなる。

手口の一つに、産科医が出産に立ち会った嬰児を、死産だったとか、先天性の障害があったとか嘘をついて、嬰児の処理を親に承諾させていたんだという。

この産科医は、7人の嬰児を日本円で34万円から51万円あたりでブローカーに売り、嬰児はブローカーによって男の子のいない農家などに売られていた。

農家に販売される段階になると、子どもの値段はどのくらいになるのか。

誘拐された子どもが、無事、親の元に戻ってきたケースがある。販売価格の折り合いがつかず、交渉が長引いている間に保護されたんだという。その“折り合い”というのは、一体どれくらいのところで交渉されているのかというと、だいたい76万円から166万くらいのところらしい。

ブローカーの仕入れ価格の3倍あたりと言うことらしい。

SKくんは、ペルー人の友人と一緒に、強盗傷害事件の見張り役として逮捕され、だいぶ長く鑑別所のお世話になったりしていた。「せっかく、日本語も話せるようになったんだから、日中の間で、人のためになる仕事をしろよ」と、多くのことを大目に見て卒業させたけど、今はいったい何をしていることやら。


関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事