めんどくせぇことばかり 『剱岳ー線の記』 髙橋大輔
FC2ブログ

『剱岳ー線の記』 髙橋大輔

思わぬところで三角点を見つけることがある。

この間登った虎秀山で、三角点を見つけたときも驚いた。三角点には一等から四等まであるという。一等は1500㎢に一点、二等は55㎢に一点、三等は8㎢に一点、四等は2㎢に一点といった間隔で設置しているという。

その三角点が何等かは、側面に書いてあるんだそうだ。今度見つけたら必ず確認しよう。ただし、風雪で消えている場合もあるらしい。そんなときは一辺の長さを測る。一等は18㎝、二等と三等は15㎝、四等は12㎝だそうだ。

虎秀山の三角点は、いったい何等のものだったんだろう。おそらく三等か、四等だろう。ああ、確認したい。

『剱岳ー線の記』の著者である髙橋大輔さんが、誰が、どのルートから剱岳初登頂を果たしたのかに興味を持つきっかけとなったのは、もちろん、『劔岳〈点の記〉』にある。“点の記”とは、三角点設置の記録のこと。

宗教登山による開山となった山をのぞき、日本の山のほとんどは、明治時代に陸地測量隊によって初登頂がなされている。そして、最後に残された山が、弘法大師がワラジ3000足を使っても登れなかったという剱岳だったわけだ。そこで陸地測量隊が、何度もの挫折を乗り越えてようやく登頂を果たしたとき、そこに修行僧の使う錫杖の頭を見つけたわけだ。

“いつ” 山頂に立ったのは何年か
“誰が” 山頂に錫杖頭と鉄剣をおいたのは誰か
“どのように” どのようにして山頂を極めたのか
“どの” どのルートから山頂にたどり着いたのか
“どこに” 山頂のどこに錫杖頭と鉄剣をおいたのか
”なぜ” なぜ山頂に立とうとしたのか

髙橋大輔さんは、それを知りたくなった。分かっていることもある。

“いつ” 古代 奈良時代から平安時代
“誰が” 山伏
“どのように” 登攀技術や装備のない、空身で登った
“どの” 別山尾根ルートか早月尾根ルート
“どこに” 剱岳山頂
“なぜ” 仏教の祭事か修行のため

だけど髙橋さんは、これでは満足できなかった。だから、とりあえず、剱岳に登ってみた。



『剱岳ー線の記』    髙橋大輔

朝日新聞出版  ¥ 1,870

岩と雪の殿堂、剱岳。誰が、どのルートから。探検家髙橋大輔がその謎に挑む
点から線へ
剱岳のファーストクライマーを追う
「Z地点」はどこか
立山開山と剱岳
もうひとつの山岳霊場
失われた山の古道を求めて
立山三山をゆく
謎のトンガリ岩
ハゲマンザイへ
推理
時を超えた邂逅
線から面へ



髙橋さんの一連の探求は、2016年に始まった。

そして、その成果の一部であるルートの探求に関しては、すでに2018年11月にNHKの特注番組で放映されている。ロッククライミングの技術も、近代的な装備もない平安時代のことだからね。靴だって履いてない。わらじだよ、わらじ。

ただし、山岳修行で鍛え上げたとてつもない体力と、真理を目ざす宗教的探究心があふれ出すような人だったに違いない。それはまさしく、技術や装備の欠落を補ってあまりあるものだったということになる。

私は、それを見ていた。ガイドの案内で、立山川をハゲマンザイと呼ばれる場所まで遡行し、そこから45度の谷筋を上がって早月尾根に合流する。

先日読んだ、地名に関する本にもあった。ハゲマンザイの“ハゲ”は、岩崩れでできた地形を意味する。見るからに、これは厄介だった。上部まで行けば木があるが、まあ、それなりに薮をこぐことになるが、木があれば掴まることができる。しかし、そこより下では、草付きに頼るほかはない。これは怖い。

でも、このルートで髙橋さん一行が剱岳登頂を果たしたことで、1000年前の平安時代でも、剱岳に登ることができると、実証されたことになった。

そのテレビ番組の記憶をもとに、この本を読んだ。

ルートの探求は、とても面白いものだった。その過程で、髙橋さんは、色々なことに気づかされていく。ハゲマンザイのハゲだけでなくマンザイにも、実は深い意味があった。その他にも色々とね。 

だけど、テレビで放映されたのはあくまでもルート探索であった。でも、雄山から登って、大汝山、富士ノ折立、別山と歩いた人なら、そして別山から剣を見た人なら、誰でもがドキッとすることを、髙橋さんが書いている。ここが縦走路としてつながっていることに、大きな意味があるというのだ。

雄山山頂の神社の拝殿での参拝は、剣を拝むことになる。縦走の半ば、富士ノ折立には「不死の世界におり立つ」という意味があるらしい。雄山に登ってから別山に向けて歩く途中、剣の見所はさまざまある。だけど、別山について気がつく。これ以上、剣がかっこよく見えるところはない。

そしてそこで思うのは、地獄を恐れることとは考えにくい。魂の未来営業を祈ったのではないかというのだ。

なんだか、主峰の月山を過去、羽黒山を現在、出羽三山の奥宮の湯殿山を未来とし、月山で死とよみがえりを体験し、湯殿山で再生を体験する三山信仰に、よく似てるじゃないか。

読んでもらえば、もっと奥が深い。


関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事