めんどくせぇことばかり 鎌北湖周辺の山でリハビリ
FC2ブログ

鎌北湖周辺の山でリハビリ

この間、山を歩いてきたのが12月8日。

その2日後、10日の木曜日だな。早朝のランニング中に、右ふくらはぎを痛めた。軽い肉離れだろう。2kmほど行って、身体も温まったので、そろそろスピードを上げていこうかと思ってから、ほんの2・3歩のところでの激痛。2kmを家まで帰ってくるのが、とってもつらかった。

木金土日と我慢を重ねて、痛みも取れた。火曜日の山歩きに向けて、月曜の朝、暗いうちに歩きに出た。大丈夫そうなので、早歩き。異常はないので、本当にゆっくり走り出してみる。・・・・・・・あれ、右ふくらはぎの奥の方に、・・・なんだか。

残念ながら、まだ完全には直っていなかった。ちょっと力を加えたことで、ほんの少し痛みが出た。2日前、土曜日あたりの状況に戻った感じ。

結局その後、月火水を完全休養、木曜日に歩きに出て、5kmほど歩いても異常なかったので、今度はリハビリに、近くの山に出かけてみた。鎌北湖から蟹穴山へ、そこから茶嶽山、スカリ山、北向地蔵と廻って下りる、いつもながらのおなじみのコース。

蟹穴山の展望スポットからは、富士山がよく見えた。8日にもここから富士山を見たが、その時よりもくっきり見えた。雪の上にジグザグの登山道まで確認できた。
IMG_7440.jpg (山頂に続く、ジグザクの道が見える)

IMG_7441.jpg (大岳山を左に、御前山を右に)

IMG_7442.jpg (蕎麦粒山と三ツドッケ)

東には筑波が見えているので、富士山と筑波山に挟まれて、なんだかいい気分だ。
IMG_7439.jpg IMG_7438.jpg (キリッとした空気で関東平野一望)      (冬にならないとこの方角は見えない)

IMG_7443.jpg (ほら、ここはこんな感じ。この写真にも富士山が写っているんだが・・・)

今週に入ってから、超冬型の気圧配置になって、関東はいい天気が続いた。肉離れで出かけられなかったのは残念だったが、感染症流行下でもあり、もうしばらく、近くの山を巡ることにしよう。

スカリ山からは、日光方面、赤城、尾瀬、上越方面の、雪をかぶった山が見えた。上越はもの凄い積雪で、生活に支障が出る状態だという。あれらの麓では、そんな人々の苦労があるのか。あそこに、そんなにも雪を降らせて、乾燥した冷たい空気が関東平野を覆い尽している。どうやら、それがウイルスに力を与えているらしい。
IMG_7444.jpg IMG_7445.jpg (日光方面)                 (赤城山)

IMG_7446.jpg IMG_7448.jpg (尾瀬から上越方面)              (関東平野、右に筑波、左に日光)

IMG_7447.jpg (手前左が茶嶽山、鉄塔はさんで右が蟹穴山。鉄塔の上に越上山。その奥に重なるように関八州見晴台)

樹林に囲まれた山道だけど、葉が落ちて、ずいぶんと見通しがよくなってきた。まさに、“冬の低山”だな。

半日にも満たない山歩きだけど、右ふくらはぎは、奥の方に多少の違和感を感じるものの、何とか持ってくれた。週明けの天気のいい日に、もう少し距離を伸ばして歩いてみようか。

この日歩いたのは、以下のようなコース。

地図


関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事