めんどくせぇことばかり 『山とあめ玉と絵具箱』 川原真由美
FC2ブログ

『山とあめ玉と絵具箱』 川原真由美

そうか、山で絵を描くというのも、ひとつだな。

山の楽しみ方には色々ある。《山をたのしむひと》という項目で、著者が書いている。

百名山を目指して山に登る人。名もないひっそりとした山に登る人。ただ山道を歩く人。同じ山を何百回と登る人。ひたすら高い山を目ざす人。登山ルートをすべて制覇しようと試みる人。高山植物をたのしむ人。花の名所を巡る人。バードウォッチングをたのしむ人。キャンプを目的とする人。山小屋を満喫する人。

「山の楽しみは、行くほどに増えていく。この先、定まっていくのか。それとももっと広がるのか、もしかしたら山には登らずに、麓から眺めるようになるかも知れない。山の匂いを吸い込んだときに体中に広がるもの、それが今の楽しみだ」

そう書いている。

私は、・・・どうだろう。山にはじめて登ったのは、・・・山頂をめざしたのは武甲山だけど、それ以前に、遊び場が山だった。自分では記憶にないのだが、幼稚園から帰った後、一人で山、そのまま登山道を詰めれば武甲山山頂に至るのだが、その山に入り、帰れなくなったことがあるそうだ。地域の人に、山狩りされて助けられてしまったらしい。

そんなわけで、“山のいる”ということが、なにより好きなのかも知れない。高校で山岳部に入り、あちこちふらつくようになるわけだけど、記憶に残る多くのことは、極めた山頂よりも、そこに至る行程が多い。あの頃は、友達と山を歩けることが嬉しくて仕方がなかった。いつの頃からか、どうも性格が歪んでしまったようで、人と一緒に歩くことが苦手になってしまったが。

そうだな。それから人がたくさんいる山は、ちょっと避けてるな。土日は出かけないようにしているしね。もちろん、気持ちが広がるような、雄大な景色には出逢いたい。そのためには、高い山に登りたい。深い山を彷徨いたい。

それでも、いろいろなものをそぎ落として、最後に残るのは何かなって考えると、残るのは“山にいる”ってことのような気がする。




リトル・モア  ¥ 1,980

あの色、あの匂い、あの音。山を歩くのは、なんてたのしいのだろう。
鈍行電車に乗って三十年前の上高地から
山の上の誕生日ケーキ突風と雪の蝶ヶ岳
テント場さがしの八ヶ岳のら猫と旗振山
野口五郎岳山で絵を描く
高尾山の朝ごはん八方尾根のバッチ
RCCの伯父を辿って犬とイタツミ尾根
山をたのしむひと冬の河童橋
木曽駒のおじさん雪ノ平へ
地図とトレイルと線白いモンブラン
柱のにおい雨の北八ツと双子池
南御室小屋のテント場六甲山を越えて有馬温泉へ
こいのぼりと残雪の奥穂家からみえる山
山に行くのはおっくうだ光る石のある山
十月の雪先輩の麦草岳
島々谷を歩く高取山で会った人
お正月の森







あめ玉と小ぶりの手帳とペンを、いつもポシェットに入れて持って行くんだという。あめ玉は疲れを癒やす糖分として、手帳とペンは、道中であったことや天気、歩いた時間やルートをメモするんだという。

山岳部出身の者なら、誰もがそういう登山を知っている。最近は、便利なものがあるからね。だけどこの間、久し振りにタイムを記録している人を見たな。

何泊かするときは、スケッチブックと色鉛筆、絵具箱がプラスされるんだそうだ。この本には川原真由美さんが描いた絵がたくさん紹介されている。

いいなぁ、山で絵を描くって。

高山植物を描いたものもある。ハクサンフウロ、ニッコオウキスゲ、キンガサソウ、クロユリは荒川だけのカール、ミヤマキンポウゲは千枚小屋と、それを見た場所も描かれている。

うらやましいな。だけど、私は絵が下手だから無理だな。

この本は、山のエッセイ集。山に登るようになったのは40を過ぎてからで、どんどん山に惹かれていったようだ。テントをかついで行くこともあれば、山小屋を利用することもある。ソロもあれば、仲間と一緒のこともある。形にとらわれず、思うがままに山をたのしんでいる感じだな。

私がいつも持っていくものって、なんかあるかな。・・・せいぜいカメラくらいのものか。

今年から泊登山を始めようと思ってた。感染症の流行で、だいぶ気持ちがしぼんじゃったけど。それでも何度か出かけたけど、そんなとき、ついつい酒を飲んでしまう。

三ツドッケにいったときは、避難小屋の前に宴会場を設定して、日が暮れるまで、そこで呑んだ。ときどき、鹿が現れる。何してるんだって顔でこっちを見て、やがて平然と去って行く。寄っていってくれればいいのにね。あれは楽しかった。

あれは、感染症が下火になって、久し振りに電車とバスを使って、日原に入ったんだ。今また、感染症の流行がひどくなって、遠出する気になれない。

やむを得ず、行き慣れた地元、奥武蔵の低山に出かける。「なんかワクワクしないな~」なんて思いつつ、無理やり出かけることもある。それでも山を歩いているうちに、なんだかいい気分になってくるんだから、不思議なもんだ。

著者が、「山の匂いを吸い込んだときに体中に広がるもの、それが今の楽しみだ」って言ってるのと同じかな。


関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事