めんどくせぇことばかり 『深夜食堂22』 安倍夜郎
FC2ブログ

『深夜食堂22』 安倍夜郎

3年前だったか。

当時3歳だった孫を、イチゴ狩りに連れて行った。2号が生まれる前だったから、孫とその両親、私たち夫婦と息子(孫のおじちゃん)の6人で、車2台で出かけた。おいしいイチゴで、孫も喜んで食べた。じいちゃん、ばあちゃんは、孫が喜んで食べてくれるのが嬉しいばかり。母親は、途中から止めにかかった。だけど、そのはじめてのシチュエーションも刺激になったようで、孫の手と口が止まらない。

孫のおかげで、十分すぎるほどに元を取って、帰途についた。私の車に息子と孫、妻の車に娘夫婦、私は息子と「お昼を食べる余力はないね」なんてことを言いながら、家に向けて運転していた。後部座席でチャイルドシートに座っている孫が、珍しく静かだった。

「じいちゃん、気持ち悪い」という孫の言葉の直後、それは突然始まった。

孫が、口から噴水のようにイチゴを吹き上げた。そこそこ交通量のある道路で急停車するわけにも行かず、私はイチゴの噴水を頭に浴びながらも、すぐに目についたコンビニの駐車場に冷静に車を入れた。息子に、もう一台にも救援を頼んでもらい、私は孫を抱き上げた。

イチゴを吹き上げた孫は、すでに気持ち悪さから解放され、すっきりしたような顔をしていた。応急処置の後、家に帰ってからぞうきんで車内をきれいに拭き取った。しかし、甘酸っぱいイチゴの香りは、しばらくの間続いた。

《イチゴと練乳》という話がある。ついてない男と、不幸を背負った女が、深夜食堂で出逢う。占い師のユキちゃんが言った。「マイナスとマイナスが一緒になるとプラスになるのね」

みんなの愛情を独り占めにしていた孫は、2号が生まれて以降、図々しい妹を持ってしまった自分の不幸を嘆くようになった。孫1号に、幸多かれ!


『深夜食堂22』    安倍夜郎

小学館  ¥ 897

心とお腹を優しく満たす珠玉の全14話に舌鼓を打ってください
ドライカレーと福神漬け煮込みハンバーグ
おでんのじゃがいも白菜のとホタテのクリーム煮
イチゴと練乳かき餅
親子丼のあたまカツサンド
ホーレン草とツナの和え物ゆかり
さば缶鯛づくし
深川めし豚バラ串と柚子こしょう


どんなに集中して頑張っても、全くゆがみのない円、真円を書くことなんか出来ない。それは、イデアの世界にしかない。魂はイデアの世界を知っているのだ。しかし、肉体という借り物に閉じ込められたせいで、そのたしかな姿にたどりつくことができず、もどかしい思いで、イデアを追い求めている。

その肉体というのが、実に厄介な存在で、あんまり歪んでいるものだから、魂がイデアを求めてるなんて、到底考えられないような人もいる。仕方がない。歪んでいるのは肉体であって、魂に罪はないと信じよう。

歪みの理由は、いろいろとある。ギタリストの幸田さんは、若い頃の相棒が、実は大嫌いだった。ダメ男の啓太郎は、子どもが子役で売れてステージパパ気取りで、自分の仕事はほっぽり出す。単身赴任中の神尾さんは、単身赴任中。自分に好意を持ってくれているシングルマザーに、単身赴任中の2年間だけ付き合ってくれと言い出す。

歪んでるな~。

嫉妬だったり、妬みだったり、金だったり、性欲だったり、肉体という借り物に閉じ込められているがゆえに、その魂までが、自分が理想を追い求めていることを忘れてしまっている。

若い頃は苦しかったが、歳を取ると共に楽になることもある。むやみな性欲に悩まされずに済むようになることも、その一つ。まったくなくなるわけでは無いんだけど、楽になる。

周囲の人間への嫉妬心も、もはや煮えたぎるようなものはない。優れた能力や経済力に恵まれた者を羨ましいとは思うが、だからといって、還暦ともなれば、どちらにしても似たり寄ったりになる。何とか生活が成り立つ程度の金があれば、それ以上欲しいとも思わない。金の力を振り回す奴に出逢うと、むしろ哀れになる。

大きな間違いを犯さずにここまで来たが、それがよかったのかどうかは、分からない。間違える方が人間らしいのかも知れない。その方が、人間として、奥行きが生まれるかも知れない。・・・ただ、いずれにしても、面倒くさいけど。

相変わらず、深夜食堂にはいろいろな男と女がやってくる。みんなそれなりに歪んでる。歪みを隠そうともしない人もいる。そうかと思うと、イデアなんてものとは関係なく、ホッとするような人たちも登場する。

たとえば、AV女優の舞華さん。不幸にもめげず、健気に生きている。たまたま妊娠した子どもを、相手にも報せず、バイセクシャルのパートナーと一緒に育てていこうとしている、ライトノベル作家のアリサさん。

そんな人たちを見ていると、イデアなんか関係なく、思いやりを持って、幸せを求めることの大切さを再認識してしまう。イデアをが存在するなんて思うことが、人を不幸にするのかも知れない。

だいたい、プラトンは・・・


関連記事

テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事