めんどくせぇことばかり 比企三山、残りの大霧山
FC2ブログ

比企三山、残りの大霧山

11月30日、堂平山と笠山を定峰峠から入るルートで歩いた。比企三山のうち大霧山は、そのうち、また、あらためて登って、爽快な景色を楽しもうと思っていた。

頑張れば、1日でも行ける比企三山を、二回に分けたのはなぜだろう。

なぜか、その方が、心が躍ったんだな。それとも、1日で廻る、長い距離のコースを避けたい気持ちが強かったのか。その両方か。どちらかというと、・・・“たまたま”だな。

残りの大霧山は、ヤマメの里公園駐車場に車を置かせてもらって、皆谷からバスで白石車庫まで行き、白石峠から廻っていくことにした。

冬型の気圧配置が緩んだそうだ。上越の雪は、ほとんど災害レベルのようだが、今日は雪にはなっていないらしい。すでに白石峠に登る途中から、ときどき、葉を落とした森をすかして、日光から上越方面の白い山が見えた。大霧山での景色も期待できそうだ。

白石峠まで上がって、はじめてカメラを取りだした。・・・バッテリーの充電が切れていた。なんてことだろう。ヘナヘナヘナ~。力が抜けた。

気を取り直して、山歩きを楽しむことにしよう。

川木沢ノ頭への階段を上がり、その上の落ち葉に埋もれた急坂登ってたら、その向こうに逃げ道があったので、ついつい逃げてしまった。相変わらずの、負け犬だ。ずいぶん、回り込んで、南側から川木沢ノ頭にたどり着いた。
20201222_201222_20.jpg (この階段の上に、さらに急坂が続いて、川木沢ノ頭に至る)

定峰峠に向けては、下り基調の道になるが、ここにも枯葉の積もった急な下りがある。何カ所かは慎重に、枯葉を上から押さえつけるようにして、歩幅を縮めて歩く。
20201222_201222_15.jpg (こちらは旧定峰峠。じつは、この道を秩父側にずーっと行ったその先に、私の生まれた家がある)

20201222_201222_16.jpg (蔓の向こうにポコッと見える山頂が大霧山)

20201222_201222_13.jpg (東側が開けた場所からは筑波山が見えた)

槻川の流れる谷間を挟んで、向こう側に立ち上がる笠山と堂平山が、時々姿を表わす。私が一番好きなのは、定峰峠を過ぎ、旧定峰も過ぎて、大霧山の手前のピーク、高原牧場が管理している草地から見える両山の姿。まるで寝そべる裸婦のようで、ついつい足を止めてしまう。
20201222_201222_14.jpg (ほんの少し移動するだけで雰囲気が変わる。絶妙な位置を探して歩く)


大霧山への最後の登りは、登りなら良いが、下りは、やはり枯葉が積もっているところは厄介だろう。すれ違った年配の3人グループには、そう声をかけた。

山頂からの絶景は、やはり、堂平山よりも上だろう。使い物にならないカメラが重い。
20201222_201222_18.jpg (日光方面、男体山や白根山)

20201222_201222_3.jpg (真っ白いのが谷川で、左に谷川連峰が連なる。右は朝日岳)

20201222_201222_7.jpg (浅間山の右、鼻曲山の奥の白いのは、草津白根かな)

20201222_201222_4.jpg (でーんと和名倉山。左の方のピークは唐松尾山らしい)

20201222_201222_5.jpg (酉谷山から、その右手は雲取山)

粥仁田峠からは、皆谷に向かう道が昨年の台風で崩落した。一年前にそこを通り、大きく遠回りして下山した。いったん橋場に向かい、途中から皆谷につなげる道もあるが、あえて、そのまま皆谷に向かった。道がどうなったか、確認したかった。

大きな崩落は2カ所あって、最初に出てくる現場は、ほぼ手つかずの状態ながら、崩れたのは道の半分なので通過できる。問題は次の現場。ここも手つかず。全崩壊しているので、崩壊現場のすぐ山側を通過することになる。落ちると「痛い」では済まない。
20201222_201222_1.jpg (側溝を残して道路は全部崩れている。側溝の山側を歩いて通過)

さらにそこを通過しても、道は直後に360度回転し、崩落現場の直下を通る。つまり、崩落した土砂で、道が完全に埋まっている。それも、1年前のまま。今回は遠回りせず、地図を見て、道が続いているはずの方角を確認しつつ進み、ルートに復帰した。

メインのバスルートだって、この間、修復を終えたばかりだもんな。

この日歩いたのは、以下のようなコース。

tizu_2020122308140381e.png


関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事