めんどくせぇことばかり 蟹穴山に新しいルートで・・・
FC2ブログ

蟹穴山に新しいルートで・・・

かつて、高麗本郷や吾野と、毛呂の鎌北や阿諏訪は、いくつかの峠で結ばれている。

高麗本郷ならヤセオネ峠を経て宿谷滝へ。横手なら北向地蔵を経て鎌北湖へ。東吾野ならユガテ、みちさと峠を経て鎌北へ。

グリーンラインのこっちと向こうは、盛んに交流していたのが分かる。虎秀谷津に入ると、福徳寺からユガテに向かう道と、新田からユガテに向かう道がある。新田からさらに先へ進むと、阿寺の諏訪神社から二手に分かれ、一本杉峠を越えて越生に向かう道と、顔振峠を越えて越生に向かう道がある。

新田から阿寺に至る途中に、間野という集落がある。かつては、この間野地区からも、直接、グリーンラインに上がり、五六峠、もしくは十二曲峠から、鎌北や阿諏訪に向かったようだ。

その道をたどってみようと思って、出かけてみた。

鎌北湖第2駐車場に車を止めて、みちさと峠からエビガ坂に向かい、ここからユガテを経ずに、松倉ヤツ沿いに、直接、新田を目ざす。分かりづらい地図上破線の道を越えると、そこからは舗装された林道になる。脇を流れる松倉ヤツが、夏場なら歩きやすそう。

どうも、沢沿いに歩くと、夏になったら沢歩きができそうかどうか、のぞき込んでしまう。この癖が、あとで思わぬ展開を招くことになる。
IMG_7496.jpg (エビガ坂から、ユガテを経ずに、虎秀谷津の新田まで下りてきた)

IMG_7497.jpg (諏訪神社の丁目石。ここは十五丁目)

新田から阿寺に向かう道を、虎秀川沿いに歩く。きれいな水が流れる川を、のぞき込みながら歩いていると、追い越していった軽トラが先で不自然な停まり方をした。進んでいくと、窓が開いた。私に何か用があるらしい。ちょっと、強面のお父さんが顔を出す。

「ここは禁漁区だよ。いくらもいるわけじゃないけど・・・」

どうやら、私がここで釣りをしようとしていると思われたらしい。「釣りなんかしませんよ」と答えると、「じゃあ、なんだ。歩いているだけか」ときた。どうやら、以前にも、時期はずれに禁漁区で釣りをする不逞の輩にあっているらしい。

間野の林道の先から、向こうに抜ける、今は使われていない登山道があるらしいので、それを探しに来たと説明すると、突然、そのお父さんが、にこ~っと笑った。

「子どもの頃に、その道で、よく阿諏訪に遊びに行ったよ」と話してくれた。その後、そこに至る道を熱心に教えてくれた。別れ際には、「じゃあ、頑張ってね」と励ましてくれた。
IMG_7498.jpg (十二丁目 「右 阿すは、たきの入 道」とある道標がうれしい)

道は、お父さんの教えてくれたとおりだった。林道の途切れたところに廃屋があり、そこから右手の石段を登っていくと、人の家の庭先に出るけど、今は誰も住んでない。そこを通り過ぎるとお墓があって、道は墓の左手に続いている。
IMG_7499.jpg (林道終点の廃屋。右手に上に上がる石段がある。間野地区も限界集落によう)

お父さんは、今は歩いている人はいないと言っていたが、その前はあたりまえの道だったようで、よく踏まれている。ただ、枯れ葉枯れ枝、さらには倒木におおわれているので、注意は必要。

道が尾根に上がると、なんとそこからは未舗装の林道歩きになった。林道に沿って少し下に山道がありそうだけど、あえてそこまで下りずに、林道を行った。
IMG_7500.jpg (目ざす尾根に上がったら林道が続いているのにびっくり)

IMG_7503.jpg (グリーンラインに上がって、来た道を振り返る)

グリーンラインに出ると、五六峠の目前だった。期待していた道の多くが林道歩きになってしまったので、いつもの蟹穴山の展望スポットに、五六峠を使わず、直接、グリーンラインから登る道を探す。上から下に向けて道がついているのは確認している。

案の定、ちょっと心細いけど、それとおぼしき登り口を見つけた。後ろにずり落ちそうな急坂だけど、何と木をつかみ、草をつかんで這い上がると、いつもの展望スポットだった。
IMG_7504.jpg (蟹穴山直下。白く見える看板に向かって、もう少し左が登り口)

IMG_7507.jpg (上が見えた)

IMG_7506.jpg (上から振り返れば、こんな道)

ここで、今日の山歩きの成功を祝って、カップラーメンライスを食べようと思ったら、カップラーメンを忘れた。白いごはんにお湯をかけて、おかゆのようにして食べた。

そう言えばこの日の朝ごはんは、七草がゆだった。


関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事