めんどくせぇことばかり 『大原千鶴のすぐごはん』 大原千鶴
FC2ブログ

『大原千鶴のすぐごはん』 大原千鶴

1年半ほど前のこと、お向かいの奥さまが脳出血で倒れた。

血液をさらさらにする薬を飲んでいたんだけど、胃の検査をすることになって、一時的にその薬をやめていたんだそうだ。奥さまは、数年前に御主人を亡くされて、一人暮らし。鍵を閉めた家の中で斃れて、たまたま電話してきた娘さんが異変に気づいて駆けつけ、消防が玄関のドアをこじ開けた。幸いなことに、大事に至ることはなかった。

その後、奥さまは、少し離れたところに住んでいる娘さんと同居することになった。お向かいの家は、いずれ戻ることも考えておられるようで、人手に渡してはいないようだ。

それ以来、落ち葉や雑草の処理は、自分の家の側のついでに、お向かいの側も片付けてきた。奥さまは心苦しく思われているようで、時々娘さんと一緒に顔を見せてくれる。その都度、おいしい物をいただいてしまう。

年末に顔を見せていただいた際、新潟のおいしいお餅をいただいた。連れ合いと相談して、娘家族が帰ったら、二人だけでいただくことにしておいた。

そして、先日、いよいよ、新潟のおいしいお餅をいただいた。餅を小さく切っておいて、大根おろし、ひき割り納豆、きなこを準備した。いやいや、おいしいこと、おいしいこと。

お腹いっぱい食べたあとに、ひき割り納豆が残ってしまった。

翌日の朝、キャベツときゅうりの千切りに塩をして絞って、それにひき割り納豆をまぶして食べた。とても、おいしかった。それが癖になって、ここのところ毎朝、納豆をドレッシング代わりにしてサラダを食べている。

どうやら、これも、京都で言うところの、“始末”というもののようだ。

“始末”と言えば、ものごとの始まりと終わりのこと。どちらかと言えば、終わりを表わすことが多いように思う。火の始末と言えば、火事が出ないように火を消すこと。店の始末と言えば、店じまいのこと。「万事この始末」と言えば、なにかと終わり方の悪さを表わす。

京都で言うところの“始末”も、しっかりと使い切ることを言っている。食材に限定すれば、それを上手に生かし切ることだな。口に入るものは、もともとは、すべて命を持っていたもの。成仏してもらうには、生かし切らなきゃいけない。



高橋書店  ¥ 1,650

今ある素材を、おいしく上手に使い切る。押しつけがましくない善良な料理
1 卵・豆腐・油揚げ
2 野菜・果物
3 冷凍のもんの肉・魚
4 ちょい残りでステキな一品に
5 お昼やしめに。こっそり低糖質
6 冷蔵庫に残っている瓶詰めで


ところが、日本でも大量の食料が捨てられている。

食べ物を捨てるのは良くないな~。そんなことを言いながら、うちでも頻繁にではないが、あることはある。だいたい事件が発生するのは、冷蔵庫の野菜室。もう何ヶ月も前のことだが、一番最近で犠牲になったのは、オクラだった。

今、世の中の移り変わりが、どんどんスピードを上げている。そんな時代に、“始末の良い生き方”を考えるのは、おそらく向かう方角が逆だ。スピードを上げる今の世の中から下りて、ホームの反対側にやってくる下り電車に乗りこむようなもんだ。猛スピードで走り去る電車に手を振って、どうしよう、一駅か二駅戻ろうか。

大原さんだったら、冷蔵庫の残り物に始末をつけて、また反対ホームから特急電車に乗り込むんだろうな。そんなことが平然とできそうな大原さんが、なんだかかっこよく見えるな。私だったら、もう、途中下車して、それっきりだな。実際、2年近く前に、人よりだいぶ早く下りちゃって、それっきり。食材にも、自分にも、始末をつけるための毎日だ。

「卵、豆腐、油揚げ」の始末。いつでも、まず必ず、冷蔵庫に入っている食材だな。始末と言うより、お助け食材。家だったら、これに納豆が加わるな。関西の人は、油揚げの扱いがうまいのに驚く。卵を、黄身と白身に分けて使うのも新鮮だ。

「野菜、果物」の始末。結局、ここに尽きる。野菜をいかに生かし切るか。しかも、「ちょい残り」の始末となると、顔ぶれはその時々で変わる。顔ぶれに合わせて縦横無尽に立ち回る必要がある。

そんなときに、「冷蔵庫に残っている瓶詰め」が役に立つ。“のりの佃煮”、“ピクルス”、“なめたけ”、“ザーサイ”、“アンチョビ”、・・・アンチョビって食べたことなかった。まあ、瓶詰め食品は、味が固まってるから、調味料の代わりになる。

だいたいいつも、ネギ味噌が作ってある。それから、ネギのみじん切りの醤油漬け。けっこう、いろいろな場面で重宝する。ネギのみじん切りの醤油漬けで焼きめし作ったら、絶品。

明日の朝、試そうと思っているのが、“しょうゆ卵”。卵の黄身をしゅうゆ漬けにしたもの。3時間ほどとあるから、今晩からつけてみよう。白身は翌日、白身のオムレツにする。少し泡立ててハムを混ぜ、塩少々で焼く。黄身だけ使う料理はたくさんあるが、この本ではきっちり白身も使い切る。

どんだけ始末に心がけても、必ず残り物は出る。でも大丈夫。それが私の、日々のつまみになる。



関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事