めんどくせぇことばかり 『ソロ登山の知恵』 山と渓谷編集部
FC2ブログ

『ソロ登山の知恵』 山と渓谷編集部

水袋、保温ポット、テーピングテープ、ヘッドランプ、エマージェンシーシート、ろうそく、ライター、ガスカートリッジ、バーナー、クッカー、非常食、折りたたみ傘、スリング・カラビナ、防寒着、ツエルト、トレッキングポール、ザック、防水スタッフバッグ。

登山ガイドの木元康晴さんの、基本装備だそうだ。もちろん、これに、食料や飲料水が入る。

難しいよね。荷物は軽くしたい。だけど、山ではなにが起こるか分からないから、どんな事態にも対応できるように準備しなければならない。そう思うとどうしても、荷物が増える。単独なら、全部、自分持ち。装備が重くなれば、体力を消耗する。

木元さんは、かつて、3度きびしいビバークを経験し、それを含める数々の経験を通して厳選された装備が、上記の18点。

エマージェンシーは、テーピングテープとエマージェンシーシートだけか。私は、ごちゃごちゃと、色々なものを持ちすぎだな。テーピングテープは、本来の使い方はもちろんのこと、他に、なにに使えると思う?

ケガをしたとき、テープで直接傷口を塞ぐ。登山靴のソール剥がれの修理等、使い道はさまざまあるらしい。なんと、火起こしの着火剤にも使えるという。

エマージェンシーシートは、私は持たない。ツエルト持ってるから、いいと思ってるんだけど、寒い時期にビバークしたことないからな。重いもんじゃないし、エマージェンシーケースに入れとくかな。

ろうそくは持って行かないな。考えてみれば、ろうそくがあれば、ツエルト内の保温になるし、電池の節約にもなる。スリングは持たないけど、細引きを使ってるな。防水スタッフバッグは、やっぱり使うべきか。ええっ!枕としても使えるって。

《単独登山はやめましょう》っていう表示を出している自治体もあるそうだ。私は見たことがない。禁止されているわけじゃないし、道徳的に考えても、おかしいことじゃない。人が死に至る原因の中で、それが避けうるものであるにもかかわらず、放置するべきではないという姿勢なんだろうか。

登山遭難者の死亡率を見たとき、ソロの場合が16パーセントで、パーティの場合が8パーセントだそうだ。遭難死のリスクが、ソロの場合2倍になる。共通する8パーセントは、遭難の時点で死んでいる滑落等だろう。残る8パーセントは救助できるか、あるいは、救助が呼べるか、その違いだろう。

孤独死が、話題になった時期があった。今でも、そうかもしれない。年寄りであれば、あるいは、何らかの病気を抱えている人であれば、山に登るまでもなく、突発的な事態になって、助けも呼べずに命を落とすこともある。

とはいえ、こんだけ高齢化が進み、かつ家族が分解され、コミュニティのつながりが緩やかになった状況にあっては、珍しい事態ではない。なんとしても避けたいのであれば、施設に入ればいいんだし、そうでなくても万が一の場合の準備をするだろう。あとは覚悟の問題だと思う。

一人で山に入るのも同じ。たしかに、捜索のことも考えなきゃいけないけど、それも含めて、“覚悟”だと思う。“はじめに”に書かれているとおり「危険度の高さと天秤にかけても、実戦する価値のある、魅力的な行為」であるし、死にに行くわけじゃない。ワクワクしながら、輝いて生きるために、一人で山に行くんだ。

もちろん、死なないために色々な準備をするし、実際、緊急事態に至っても最後の最後まで手を尽くす。そこまでやって、なお、残念ながら生還できないとなったら、それはすべての人の死とまったく同じ。


『ソロ登山の知恵』    山と渓谷編集部

山と渓谷社  ¥ 1,100

その魅力やリスク、必ず身に着けておきたい登山技術を解説。ソロ登山者必読の一冊
第1章 ソロ登山の意義
私が考える「ソロ」 私のソロ登山スタイル
第2章 ソロ登山実践の知恵
ソロ登山の計画術 歩行技術 ペース配分 ナビゲーション 天気
第3章 ソロ登山の遭難事例
「滑落」「ビバーク」「ビバーク」「ヒヤリハット体験集」
第4章 ソロ登山の安全管理の知恵
入山前の遭難対策 状況把握と進退判断 ビバーク
ファーストエイド 救助要請


『山と渓谷』は、毎年、ソロ登山の特集を組むそうだ。

それがソロ登山を煽ってるという声もあるらしい。しかし、『山と渓谷』の主張の通り、雑誌が特集をやめてもソロ登山は減らない。山岳会などの組織に属さず、技術や知識習得の機会を得にくい人も多い。だったら、単独のリスクを明確にした上で、役立つ知識を掲載した方が、遭難防止につながる。

そうした意味で、この本が出された。

よく、山岳遭難発生状況を、埼玉県警のHPで見ることがある。

ちなみに、さっきも、12月1日現在の状況を確認してみた。埼玉県内で、11月のひと月だけで、10件の遭難が発生している。滑落が2件。小鹿野の二子山と越生の鼻曲山。鼻曲山は、どこで滑落したんだろう。二子山は4人パーティ、鼻曲山は300人とあるから、越生や毛呂山町が開催したハイキング大会だろうか。

単独山行は5件で、道迷いが4件に、疲労が1件。いずれも無事救出されている。武甲山が2件、両神山1件、雁坂峠1件、棒の嶺1件。

雁坂峠、単独、道迷いは、良く無事救出できましたね。他の山は、いずれも登山者が多く。手がかりも多そうだけど、雁坂だと、山が深いからね。

私は、土日を避けて登山しているし、人がたくさんいない山を選んでいる。だから、緊急事態を招かないように、それなりに努力している。一番ありそうで、注意しているのは、滑落や転倒による骨折。

まずは、滑落しない、転倒しないで歩くこと。若い頃は、考える必要すら感じてなかったけど、バランス感覚と身体の柔軟性は、間違いなく落ちている。

この本の第2章にも出てくるんだけど、いま、歩き方を見直している。

ナンバ歩きという方法で、筋肉の力で地面を蹴って前に進む方法ではなく、筋肉よりも骨を意識して、身体の軸を移動させながら、前に進む。着地はかかとからつかず、足裏全体を置くようにして地面につける。この歩き方は悪い道に向いていて、雪道を滑らず歩く方法の一つである。さらに歩幅が狭くなるので、軸を移動させるときにバランスを崩しにくくなる。

以前の山行で感じたんだけど、地下足袋で歩くと、岩を蹴ったり、とがったところに足を置くと痛いから、歩きが丁寧になる。ただ、寒い時期は足が冷たくなっちゃうからね。ナンバ歩きをマスターして、歩幅を小さく、一歩一歩、丁寧に歩くことを身につけたいと思う。

感染症流行下、他の都県に出かけるのを控えて、顔なじみの地元の山を歩いている。こんな時こそ、同じ山でも、新しいテーマをもって、丁寧に歩くことにしよう。


関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事