めんどくせぇことばかり 『カレーライス』 重松清
FC2ブログ

『カレーライス』 重松清

教室は、つらいところなのか。

高校の教員をしていて、最後の年が3年の担任だった。最後まで担任をやるつもりも無かったんだけど、その学年で1年2年と担任をしてきた教員が転勤をする都合で、急遽、年寄りが引っ張り出されることになった。

「はい、このクラスです」ということになって、授業ですら関わったことの無い学年だったので、他の先生が気にして、気になる生徒について色々と教えてくれようとする。

何人かの話は聞いたけど、結局、あってみなきゃ分からないし、名前の出なかった中にくせ者がいるケースもいくらでもある。話は聞いたものの、先入観を持たないようにして初日を迎えた。

初日というのは、つまり3年1学期の始業式と言うことだ。始業式が終わったら、生徒指導の教員が私のクラスの一員である、ある男子生徒を呼んでくれという。始まった早々、問題発生のようだ。

春休み中のバイト先で、年長者とビールを飲んだらしい。その写真をネットに上げたところ、それに気づいてご注進に及んだ者がいたらしい。自己紹介が生徒指導上の事情聴取の席となり、処分申し渡しのために保護者に来校いただき、数日後には家庭訪問。他のどの生徒よりも、その生徒と濃密な日々を過ごした。

彼は、“気になる生徒”の筆頭に上がっていた生徒だった。「つかみ所が無い」という。「友人もない」という。・・・3年に進級する段階で、なんともあり得ない話。その進級も、赤点がついて、追試を受けての進級だったらしい。

彼の中学からうちの高校に進学してきた者は、彼の他に誰もいない。距離が離れている。その間に、うちの高校と同レベルで、似たような雰囲気の学校が2つはある。彼は、うちの高校への進学を自分で決めたという。しかも、かなり離れた距離を、2年間、自転車通学してきた。

なんて単純な話なんだ。中学時代にいじめられたんだ。中学の同級生と同じ学校には行けないし、電車で一緒になるのも嫌なんだ。

「中学でつらい思いをしてますね」って親に聞いたら、「分かりません」って、暗い顔をされた。

高校に入ってからは、虐められることはなかったんだろう。あれば、とっくにやめている。ただ、誰とも、友人の関係を築くことができなかったようだ。2年で行く修学旅行では、担任が他の生徒に話して、無難な班に入っていたようだ。友人はいないが、激しく嫌われたり、虐められるようなことはない。

〈中学の同級生が誰もいない高校に進学する〉って言うのは、彼が考えた最良の選択だったに違いない。


新潮文庫  ¥ 649

「カレーライス」をはじめとする、教科書や問題集でおなじみの九編の名作集
カレーライス
千代に八千代に
ドロップスは神さまの涙
あいつの年賀状
北風ぴゅう太
もっひとつのゲルマ
にゃんこの目
バスに乗って
卒業ホームラン


進級して、新しいクラスになって、今まで知らなかった者とも同じクラスになる。当初の一週間は、虐められた経験を持つ者にとっては、戦々恐々とした日々を過ごすことになる。座席の前後左右にチラチラと目をやったり、委員や係を決めながら、人の言葉や視線、表情に一喜一憂する。

高校も、それも3年にもなれば、踏んだ場数も数多い。担任が卒業に向けてのイメージを持たせてやれば、あとは生徒だけでも何とかやってくれる。

これが、中学生や小学生となると、大変なんだろう。

どうして著者の重松清さんは、その機微に、ここまで敏感なんだろう。子どもの弱さ、子どものもろさ、子どもの未熟さ、子どものずるさをよく知っている。それを純真さ、一途さに織り交ぜて、描き出している。

この人の書いたお話は、教科書や、問題集、模擬試験や、入試の問題として使われることが多いんだそうだ。受験勉強をすれば、もれなくついてくる作家さんなんだそうだ。誰でも共感できるような話であることも、その理由の一つだろう。

還暦を過ぎた、この私でも共感できたんだから、すごいもんだ。だけど、私は、未熟者たちの一喜一憂というのが、実は嫌いだ。あんまり、心の細かいひだの中まで入り込んでいく話はちょっと苦手だ。

だから、この本に収められた重松清さんの9個の短編のなかで3つほど、苦手な種類の話があった。

さて、私のところの問題児。心機一転、新しいクラスに馴染みたい最初の一週間を謹慎で棒に振り、完全に意気消沈。授業でも後れを取り、中間試験で、自ら結論を出してしまった。中間試験開けの金曜日がディズニーランドの遠足。穏やかな生徒のそろう無難な班に、彼との付き合いを頼んでおいたんだけど、欠席。それきり、学校に来なくなった。

定時制にいた時期があるので知っててあたりまえなんだけど、高校を卒業するのに必要なのは74単位。だけど通信制でもないと、その年の単位を全部修得しないと、その年度を修了したことを認めない。

彼は全日制の2年まで終えているのだから、74単位に残る単位はごくわずか。全日の高校から私立の通信制に転校すれば、不足している分の授業だけを集中して行ない、おそらくほんのひと月、ふた月で、不足単位分を補って、全日制の卒業式前に、高校卒業にこぎ着けられる。

あるいは、1科目、2科目ならば、高校卒業程度認定試験を受けてもいい。試験に合格すれば、大学や専門学校の受験資格が得られる。

彼は、学校に行けなくなったことがやはりショックだったようで、しばらくグズグズしていた。電話にも出なかったんだけど、親を説得して何度か面会し、高卒認定試験を受けさせた。

赤点で追試認定だけど、英語の単位を2年で取っていたのが大きかった。なんと、高卒認定試験は現代社会の1科目だけで、何とか合格。今は、大学3年生。

何とかなるもんだ。



関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事