めんどくせぇことばかり 秩父弁『オオカミは大神』 青柳健二
FC2ブログ

秩父弁『オオカミは大神』 青柳健二

方言では、苦労した。

もちろんテレビやラジオで共通語に触れていたが、それはあくまでテレビやラジオに出てる人がしゃべる言葉だった。自分たちには、自分たちの言葉があった。特に、足が悪くて祖父母にいろいろ面倒を見てもらった私は、祖父母の秩父弁こそが母語となった。祖父母の言葉は、方言というだけじゃなくて、その言い回しが秩父弁だった。

高校を出て、大学のある東京で、私の前には無限の前途が広がっているかのように思っていた。ところが、言葉を馬鹿にされて、ただそれだけのことで、ふくらんでいた前途が一気に縮んでしまった。残念なことだった。

「なにを言っているのか、分からないよ」と言われた。いくつかの言葉で、東京の坊ちゃんたちに跳ね返された。

「けえる」、「へえる」、「せやねぇ」、「ちょうきゅう」、「あんき」あたりだったろうか。左から、「帰る」、「入る」、「大丈夫」、「正確」、「安心」ということになる。いずれも、坊ちゃんたちに跳ね返されるまで、それが秩父弁で、よその人たちには通じない言葉だなんて、考えたこともなかった。

「けえる」、「へえる」、「せやねぇ」はいいとして、「ちょうきゅう」、「あんき」について、使い方を紹介しておく。

「ちょうきゅう」は「正確」といっても、数をそろえるっていう意味合いがあって、「おつりがなくても済むように、会費はちょうきゅうに持ってきて」って感じ。「あんき」は、胸につかえていた心配事が解消したようなときに使う。「息子さんが仕事に就いたんじゃあ、もうあんきだねぇ」って感じ。

そりゃもう、しゃべるのが怖くなっちゃってねぇ。相手が地方出身者だと、ホッとしたもんだった。

秩父の方言だと、「か」が「け」、「が」が「げ」に転化する場合が多い。

「やるのか」→「やるんけ」
「帰るのか」→「けえるんけ」
「水をかい出す」→「水うけえだす」
「外聞が悪い」→「げぇーぶんなわりぃ」

龍勢祭で有名な吉田の椋神社という神社がある。この、「むく」のアクセントに注意して欲しい。強く発音するのは「む」。「む」が大きくて、「く」が小さい。その椋神社のお祭りに、「オイヌゲエ」というのがある。「げ」は「が」の転化だから、訛りを戻すと「オイヌガエ」、漢字を使えば「お犬替え」になる。

犬を替える。この本の題名にあるように、犬は狼。替えるのは、狼だな。オオカミのお札を替えるんだ。




『オオカミは大神』    青柳健二


天夢人  ¥ 1,650

ニホンオオカミに対する関心が高まる昨今、各地に残る狼像を追ったフォト・ルポルタージュ
1 オオカミとの出会い
椋神社のオイヌゲエとは?
狼の棲む秩父桃源
オイヌゲエをハシゴする
お犬さま信仰の三峯神社と武蔵御嶽神社
2 狼像の聖地へ
「ニホンオオカミ」から「お犬さま」へ
関東平野の狼像
奥多摩のユニークな狼像
七ツ石神社の再建プロジェクト
3 大神への祈り
岐阜県と静岡県の狼信仰
東北地方の狼信仰
西日本の狼信仰




さて、秩父に伝わるオオカミの出てくる民話。
昔、小前というところに、駒井某という強者がいました。

ある晩、この男が下吉田で用を済ませた帰り道、山中で一匹のオオカミに出くわしました。

そのオオカミは、大きく口を開き、「口の中を見てくれ」というように近寄ってくるのです。

男がよく見ると、のどに大きな骨が刺さっているのが見えたので、口の中に手を入れて骨を抜いてやりました。

数日経ったある晩のこと、庭で「ドサッ」と大きな音。

次の日、早起きして庭を見ると、大きなイノシシが投げ込まれていたのです。

「ははあ、これはこの間のオオカミからのお礼だな」と、家族を起したということです。

さて、次は、この本に掲載されている、山梨県北杜市増富温泉郷に伝わるお話。
江戸の昔、増富温泉から信州峠を経由して佐久へと抜ける道は、重要な往還として人の往来も多かった。

しかし、夜は真っ暗闇。

夜道を歩いていると、必ず誰かが後からつけてくる。

こっちが止まると、その気配も止まる。

振り返っても、そこには誰もいない。

人は気味悪がって、妖怪かもしれないと、坊さんや行者に頼んだが、一向に収まらない。

そのうち猟師が仕掛けた罠に、一匹の大きなオオカミがかかった。

そして、「人を喰おうとして後をつけたんだろう」と言って殺してしまった。

それからは、夜道に後をつける気配はなくなったが、反対に、熊や猪に襲われるようになった。

「あのオオカミは、人の安全を守ってくれていたに違いない」

皆ははじめて、送りオオカミノ行為を理解して、手厚く葬ったとさ。

増富温泉と言えば、三峰から続く、大きな山塊の向こう側。

関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事