めんどくせぇことばかり 共感力『スマホを捨てたい子どもたち』 山極寿一
FC2ブログ

共感力『スマホを捨てたい子どもたち』 山極寿一

人間の女は、どんどん子どもを産む必要があったのか。

生後1年で乳離れする人間の赤ちゃんは、他の霊長類に比べても、授乳期間が短いんだそうだ。ゴリラの乳離れは、なんと4年だって。チンパンジー5年?オランウータン7年?

いよいよ離乳するタイミングは、すでに永久歯が生えて、大人と同じものを自立して食べられるようになってなんだって。人間の子どもも、永久歯が生えるようになるのは、小学校に上がる頃だよね。だったら、それまでおっぱい飲んでてもおかしくないわけか。

それが都合が悪いから、1年で乳離れするようになった。何が都合悪かったのか。

それもやはり、熱帯雨林からサバンナに出たことに関わってくると言う。肉食獣は、捕まえやすい子どもを狙うんだな。“ダーウィンが来た”とかで、肉食獣の狩りの様子を見てもそうだ。インパラの子どもが狙われてた。

サバンナに出てみたら、肉食獣が人間の子どもを狙って襲うようになったんだ。子どもがどんどんやられるから、どんどん産み増やす必要があったわけだな。

肉食獣に狙われやすい動物は、多産によってそれを補うんだそうだ。人間は一度にたくさん生むという性質を備えていないので、出産期間を短くするしかない。お母さんはお乳が出ると排卵が抑制されちゃうので、次の子どもを早く産む必要の生じた人間のお母さんは、離乳を早めることによって乳の出を止め、排卵を促したんだ。

だから、可能かどうかと言えば、人間のお母さんは、毎年子どもを産むこともできるわけだ。10人以上産み育てることも、不可能ではない。私の祖母は10人産んでいる。3人は子どもの間に亡くなったらしい。昭和前半の話だ。そんなに前のことじゃない。捕食されなくても、子どもが病気で死ぬのは珍しいことじゃなかったんだろうな。・・・戦争の時代でもあったしね。

実は私、兄と弟が同じ学年になっちゃうので、誕生日をずらした友人がいた。友人は弟の方。3月最後の生まれなのに、4月生まれになってるの。私は3月下旬の生まれだから、彼とはほぼ1年の差があった。その差を逆転できたのは、第二成長期に入ってからだな。

大人になると200キロにもなるゴリラが、生まれるときは1.6キロくらいしかないんだそうだ。人間は3キロくらい。人間の方が大きく生まれるんだ。だけど、そこからの成長が違う。ゴリラはどんどん大きくなって、5歳にもなれば50キロを超えるそうだ。人間だと、5歳児の平均体重は17キロ。ずいぶん差をつけられる。



ポプラ新書  ¥ 946

京大総長が語る、野生に学ぶ「未知の時代」の生き方、「ヒトの未来」
第1章 スマホだけでつながるという不安
第2章 ぼくはこうしてゴリラになった
第3章 言葉は人間に何をもたらしたのか
第4章 人間らしさって何?
第5章 生物としての自覚を取り戻せ
第6章 未来の社会の生き方


人間の子どもは、身体の成長が遅い。

鹿なんて、生まれてすぐに4本足で立ち上がって、母鹿の乳に吸い付いていくって言うのにね。これは、人間は身体の成長を後回しにして、脳の成長を優先しているからなんだって。

人間は直立二足歩行をしたことによって、骨盤の形が変化し産道の大きさが制限されてしまった。そのため、胎児の状態で脳を大きくしてから生むことができない。だから、生まれてから急激に脳を大きくしなきゃいけなくなった。・・・身体の成長を後回しにしてまで。

成人でも摂取エネルギーの20%が脳に供給されているんだそうだ。赤ちゃんの場合はなんと、45~80%のエネルギーが脳に送られる。すごいな。身体の成長を犠牲にして、脳を発達させているのか。

頭でっかちで、身体の成長が遅い子どもが1歳くらいになると、母親は次の出産のためにその子から離れてしまう。まだ、その子は自力で生きていける状態にはない。だから、おばあちゃんやおじいちゃん、兄姉がいれば兄姉が、あるいはおばさんやおじさんが、みんなで子どもを育てるわけだな。

赤ん坊が泣いたら、みんな放っておけなくて、赤ん坊のところに行って抱っこして、あやしてあげる。自分の時間を犠牲にして、赤ん坊のために奉仕する。

そういう行為を通して、人間は共感力を高めてきたんだな。

でも、今、そういう人間同士の付き合いって、ずいぶん薄くなってしまっている。親類縁者や地域との付き合いも、父母の世代とは比べものにならない。それでも私の世代までは保たれているが、子どもの世代は、かなり限定されたものになってくるはず。

各段階の成長過程で、世間との付き合い方の作法の難しさに、いつも絶望的に悩んでいた。大人になってからだってそうだ。一度、父に聞いたことがある。「いつ頃、人付き合いに自信が持てた?」って。

そしたら、「自分の父親の葬式を出した時だ」と言っていた。これはびっくり。私が22歳の時。父はすでに50代。あの世故に長けた父にして、悩みながら世の中を渡ってきたのか。だけどその分、共感力の高い人だった。

新しい男の思いをつなぎ止めるために、母親が子どもを虐待をしたり、男による虐待を放置したりする事件が起きる。男の行為は思慮のかけらもない生物学的なものだが、母親の行為は思慮深いが生物的母性のかけらもないものだ。

面倒くさい思いをしながら、恥をかきながら、世間との付き合い方を学んでいく道を、人間は多くの犠牲の上に築き上げてきたんだろうに。





関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


ポスト・コロナの新たな世界において日本の歴史と国民性を基盤とした「日本独自の戦略」とはなにか。
地政学的思考方法を基礎として提言する
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事