めんどくせぇことばかり 『世界の5大神話入門』 中村圭志
FC2ブログ

『世界の5大神話入門』 中村圭志

高校の教員をやめて、もう2年が経つ。

教科は社会、社会は地歴と公民に分かれたんだけど、社会の時代に免許を取った教員は、地歴でも公民でも教えられる。学力の高い学校だと専門教科にこだわったりするんだけど、そうすると自分の担任するクラスの授業がなかったりする。生徒指導重視の学校だと、授業の中で生徒との人間関係を作ることも大事なので、地理でも、歴史でも、現代社会でも、何でもやった。

ただ、授業をやってて楽しいのは、やはり専門科目だね。私は生徒との関係は別で作るから、担任クラスの授業がなくても、他の事情が許せば専門科目である世界史をやらせてもらっていた。

世界史を嫌がる先生が少なくなかったので、だいたい世界史もできたかな。だいたい1人2科目はやることになるんだけど、2科目の内の1科目は世界史だった。

日本史でもそうだけど、世界史の授業はいろいろな神話から始めた。メソポタミアの神話、エジプトの神話、ペルシャの神話、ギリシャ神話。ペルシャの神話のところで一神教にも言及しておくかな。そういう神話の合間合間に教科書の内容を入れていく。ただ、ごく限定的なものばかり。あまり細かいことをやっても、すぐ忘れちゃうしね。

さらに、旧約聖書の物語からユダヤ教に触れ、アレクサンダーを登場させて、ヘレニズム世界を展開させる。そこからはインドの神話に触れる。バラモン教時代から仏教の成立、ガンダーラ美術あたりまで流して、日本にも触れておく。

そのあとはローマの神話。もちろん古代ローマを絡ませて、エルサレムにイエスを登場させる。キリスト教が成立して以降は、ローマの拡大と、そこでキリスト教がどのように生き残り、西ローマが滅亡しながらも、支配的宗教に成長していく様子を紹介する。時代は中世に入っていく。

歴史の教科書っていくのは、常に時間軸が優先されている。大変馬鹿馬鹿しい話で、教科書会社の方には常々要望していたんだけど、それじゃあ歴史を勉強したことにならない。

私の授業は、メソポタミアの神話から始まって、最後の中世の入り口くらいのところまで話をすると、おそらく2学期も後半を迎える時期にさしかかる。何かしら関連があれば、どの時代にでも飛ぶからだ。

特に、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教と連なる一神教に関しては、その思想や精神性は、とてつもなく現代世界に大きな影響を与えている。

だいたい、神話について話している間は、寝る奴はいない。目をキラキラさせて聞いている。教科書の内容になると、なかなかそうはいかない。それでも少しは持つ。「鉄は熱いうちにうて」・・・時代を飛ばない手はない。



ディスカヴァー・トウェンティワン  ¥ 2,750

神話的思考は現代でも生きている。ときには現実の政治にも姿を現わす
第1章 日本神話
第2章 ギリシャ神話
第3章 インド神話
第4章 中東神話
第5章 北欧神話
第6章 その他の神話
第7章 神話とは何か?


かつては、自分の興味もあるけど、授業で生徒に話をすることも前提として、いろいろな地域の神話に触れていた。

今はそうじゃない。純粋に自分の興味。神話って面白い。

なかでも、インド・ヨーロッパ語族が面白い。

もともとは黒海北岸からコーカサス山脈にかけての地域に住んでいたらしい。それが紀元前2000年頃から、おもに南下する形で移動を開始する。

小アジアに進出したヒッタイト。エーゲ海に南下したギリシャ人。カイバル峠を越えてインドに侵入したアーリア人。その一部はペルシャに国を作りイラン人となった。地中海世界を支配したローマ帝国のラテン人、アルプス以北でケルト人、4世紀に大移動を展開したゲルマン人やスラヴ人。

これがみーんな、インド・ヨーロッパ語族。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ヒンディー語などは、みーんなインド・ヨーロッパ語族系の言語。この語族に属する言語を公用語としている国は、100を超えるという。

そして、黒海北岸からコーカサス山脈にかけての地域に住んでいた頃、当時彼らが使っていた言葉はインド・ヨーロッパ祖語と呼ばれているが、その言葉でディエーウスと言う神を崇めていた。天であるとか、光であるとかの意味があるらしい。

彼らは、その神への信仰を失わずに各地に移動して言った。その間に、言葉は次第に変化していき、インド・ヨーロッパ語族系のさまざまな言葉へと変化していった。

ラテン語では神をデウスという。日本のキリスト教を伝えた宣教師たちは、日本人に神をデウスと教えている。ギリシャ神話では最高神をゼウスと呼んだ。そう言えば、ゼウスは雷霆神だ。黒海北岸からコーカサス山脈にかけての地域に住んでいた頃、彼らが崇めたディエーウスは、天とか、光という意味だったようだが。それはおそらく、雷霆だろう。

インドのサンスクリット語にも、テーヴァという言葉がある。意味は、神だそうだ。

北欧神話に、チュルという神がいるという。ゼウス、ユピテルと同じ語源とある。ユピテルは、もとはデュウピテルで、デュウの部分だけでゼウスと同意になる。それにしても、もとのディエーウスがどうすればチュルに変わるのか。チュルと言う神を調べてみた。

北欧神話と言えばオーディンとトールくらいしか知らない。チュルというのは、オーディンの子か。かっこいい神だったらしい。軍神か。

ゲルマン祖語ではティワズ、ディワズがドイツ語のテュールに変化したようだ。テュールは、かつては神をあらわす一般名詞でもあったようだ。そういうことになると、ラテン語のデウス、サンスクリット語のテーヴァと同じと言うことになる。
このテュールがチュルになる。

インド・ヨーロッパ語族の影響の大きさにびっくりだ。

先日、日本神話とギリシャ神話の類似性について書いた。日本神話の中の雷霆は、最高神という扱いこそ受けなかった。それでも“神鳴り”と表わすこともあるように、雷は神のなせるわざと考えられていた。

関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


ポスト・コロナの新たな世界において日本の歴史と国民性を基盤とした「日本独自の戦略」とはなにか。
地政学的思考方法を基礎として提言する
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事