めんどくせぇことばかり 『干し野菜で作る小さなおつまみ』 廣田有希
fc2ブログ

『干し野菜で作る小さなおつまみ』 廣田有希

野菜乾燥機を買おうかと思ってる。

そう思うようになったのは、山に野菜を持っていくのに、生野菜を持っていこうとすると嵩張るから。乾燥させて小さくすれば、嵩張らないし、水分が抜けて軽くなるしね。泊登山するのは年に何回でもないんだけど、日帰りでも気軽にラーメンに入れられる。

「どんなもんかな」って、連れ合いに話を向けてみたら、「私も干し芋をつくりたい」と返ってきた。

「それでは」ってことで、Amazonで様子を見てみることに。ところが、調べてみると、ずいぶん値段にばらつきがある。もちろん、売り物にするわけでもないので、たいそうなものは必要ないわけです。安いものでいいんだけど、安いもののレビューを読ませてもらったら、「安かろう、悪かろう」で憤っておられる方も見られる。

残念!

思い切り悪く、先延ばしにすることになってしまった。

そんな時思い出したのがこの本。ずいぶん前の本を、押し入れから引っ張り出してきました。なんと二〇一一年、東日本大震災の年に出された本だった。さすがに、時価になっていた。あの頃、まだ、二児の母となった娘も一児の父となった息子も、この家にいたんだなあ。

そう、この本引っ張り出して、とりあえず天日干しで干し野菜を作ることにした。

ここのところ、すごく乾燥した毎日が続いているしね。干し野菜を作るには最適だろう。



マイナビ  ¥ 時価

静かなブームになっている「干し野菜」のおつまみレシピ集です
1 根菜
2 葉野菜
3 果菜
4 きのこ/薬味/果物

この本は、干し野菜でおつまみを作って、「一杯やろう」って魂胆を持った人が出した本。それも、酒と、干し野菜で作った軽いおつまみを持って、ベランダで夕焼けでも見ながら一杯やろうっていう、とっても真っ当な考え方の人のようだ。

干し野菜で作るおつまみが酒によく合う理由が示されている。
  1. ポリッ、コリッとした、いきのよい食感がお酒によく合う
  2. うま味が凝縮され、素材の味が濃厚に感じられるので、しっかりした味のおつまみに
  3. 切る手間がなく、火の通りがいいからパパッと作りたいときに便利
ちなみに、すでに連続して干している。最初は、切り干し大根から始めた。切り干しも、切り方によって、いろいろな味わいを楽しめていい。最初は、千切りにして作った切り干し大根を、戻してマヨネーズで和えておつまみにした。

続いて、エリンギを細く割いて、それを干してみた。今の季節、前の千切り大根も、細く割いたエリンギも、朝干して夕に取り込めば、カラッカラとはいかなくても、それなりの干し野菜になっている。

次にシイタケ。これは連れ合いからの提案で、丸二日干して、それなりの“干しシイタケ”にした。もとは、安売りになっていた一五〇円の“傷シイタケ”だからね。これで“干しシイタケ”にすれば、まるもうけ。これで煮ものを作ってもらうことになっている。

その次に干した白菜は、そのまま味噌汁に投入。基本的に、使い道に困れば味噌汁。

そして今日、今ベランダに干してあるのは、シメジとエリンギとエノキ。これできのこの炊き込みご飯を考えている。

干し野菜は、干すことによって栄養価が高まることが多いみたい。天日干しならなお良いみたいだな。ビタミンCやカリウムは水溶性のため、干して水分が抜けることで減ってしまうらしい。それを除けば、だいたい栄養価は高まるみたい。

紹介している『干し野菜で作る小さなおつまみ』は、すでに時価になっている。そこで、最近出された本で、“干し野菜”を前面に出している本を探してみた。

並べて右側に出してある『やせる! 肌も髪もツヤツヤ干し野菜毒出しレシピ』は昨年の八月に出された本で、干し野菜の効用を前に出した本。

なんでしたら、こんな本を参考に、干し野菜に取り組んでみたらどうでしょう。

干し野菜は、すごくハードルが低いよ。



関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


なぜ 語らないのか。
なぜ 俯いて歩くのか。
なぜ いつも独りなのか。
そしてなぜ 嫌われるのか――。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事