めんどくせぇことばかり シー・シェパード抗議船一隻、オーストラリアへ帰港 今季の南極海調査捕鯨妨害の終了も
FC2ブログ

シー・シェパード抗議船一隻、オーストラリアへ帰港 今季の南極海調査捕鯨妨害の終了も

シー・シェパードの今季の妨害活動は近日中に、終了するらしい。
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/120305/asi12030500130000-n1.htm

1月8日、オーストラリア沖で日本の調査捕鯨船団の監視船第2昭南丸に、シー・シェパードとの関連が深い、やはりエコ・テロリズム団体であるフォレスト・レスキューのメンバー3人が不法に乗り込んだ。第2昭南丸を捕鯨船団から引き剥がすことが目的だ。シー・シェパードは、それだけ第2昭南丸の追尾を嫌がっていたのだろう。またまた、『テキサス親父』の的確な解説がある。


直接の対応を迫られたオーストラリアギラード首相は、「無責任だ」「受け入れられない」と、これらの行動を批判した。しかし、そういった論調ばかりではないのだ。公然とこの行動を擁護するのは、ギラード政権と連立を組む緑の党のブラウン党首だ。「すばらしいオーストラリア国民であり、彼らは支援するに値する人たちだ」などと発言している。

さて「クジラにとっての英雄」であり、「すばらしいオーストラリア国民であり、支援するに値する人たち」である3人のリーダー格であるサイモン・ペタフィーは、10の容疑と約7700豪ドルの罰金が科せられていたならず者で、帰国後すぐに拘束されたという。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120128/asi12012812010004-n1.htm

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 犯罪
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

緑の党は

ミドリの党ってやつはろくなもんじゃないからな。与野党が拮抗しているから偉そうにしているが、弱小政党の党首で、あほな環境保護かぶれ(真の環境保護が理解できない連中)の支持を得ることだけで政治倫理も国際感覚もない耄碌爺だ。

Re: 緑の党は

コメントありがとうございます。
いずれにしても、ならず者が支持される国、社会なのですね。自然環境を足下に屈服させてきたキリスト教徒の贖罪意識は、ならず者にあぶく銭を出して、日本をののしることで満たされる程度の幼稚なものだと思っています。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事