めんどくせぇことばかり 日記 3月10日
FC2ブログ

日記 3月10日

久々に体重はかったら80.6kg
冬場の痛みで運動ができてない上、まったく食事は落としてないからな。

2月28日に転勤の内示があって、29日に転勤先に挨拶に行った。明け方からの雪が昼に向けて激しく、車をやめて電車で向かった。駅からは片道30分ほどかけて、雪の中を注意深く歩いたのだが・・・。これがこたえた。左股関節が悲鳴を上げている。翌日は出張があって、足を休めるわけにも行かず、数時間で出張仕事を終えたが、それ以上はこらえきれず、時間休をとって帰宅した。翌日の金曜日、丸1日の出張仕事に備えるためだ。なんとか滞り無く終えたものの、土日はほとんど動けない状態で休んだ。月曜日にはだいぶ回復した。

しかし6日の火曜日から、右足の膝がひどく痛み始めた。数日間、左股関節をかばって、階段の登り下りも右足一本に頼っていたのが理由だろう。さらに、水曜日には伯母の訃報が入り帰郷、通夜、葬儀と寒い中で足に負担をかけてしまった。この土日も、とにかく足を休めたい。

右膝の痛みが強く、ここ数日間、むしろ左足に頼る生活をしている。昨日からは、両肩が筋肉痛を起こしている。これでさらに股関節が悲鳴を上げるようなことになれば、ちょっとショックだなあ。今日はともかく、動かない。
関連記事

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事