めんどくせぇことばかり 2012年6月 『ロシアの声』に登場する北方領土
FC2ブログ

2012年6月 『ロシアの声』に登場する北方領土

2012年『ロシアの声』に登場する北方領土

6月1日
韓国の専門家ら イトゥルップ島(択捉)で港湾建設に参加
http://japanese.ruvr.ru/2012_06_01/kankoku-no-semmonkara-kuriru-de-kouwan-kensetsu-ni-sanka/
開発には韓国企業だけではなく、中国企業もクナシル島の農業施設の開発に関心を持っている。サハリン州のアレクサンドル・ホロシャヴィン知事は、クリル諸島が日本企業との協力にも開かれていることを指摘している。
「クリル諸島の社会経済発展」は2015年までに、空港施設や発電施設、水産加工施設や道路インフラなどを整備を予定している。

6月4日
南クリル 投資環境は良好
http://japanese.ruvr.ru/2012_06_04/minami-kuriru-toushi/
韓国のKeumto Construction Co.Ltd. は、イトゥルプ島に港を建設する。日本外務省はこれに関して遺憾の意を表明している。日本政府は、第三国の企業がクリル諸島の経済開発に参加することは、ロシアの「行政権」を認めているものであり、それは日本政府の立場とは相容れないものだとしている。

6月14日
玄葉外相は近日中にもロシアを訪問
http://japanese.ruvr.ru/2012_06_14/gemba-gaishou-wa-kinjitsuchuu-ni-mo-roshia-wo-houmon-shi-ravrofu-gaishou-to-kaidan-wo-okonau/
ロシアの中小企業支援団体「ロシア支柱」専門家会議のニキータ・クリチェフスキー議長は、領土問題解決を過度に期待することは、現時点ではやめた方がいいと語る。

6月22日
玄葉外相 7月末にロシア訪問
http://japanese.ruvr.ru/2012_06_22/genba-gaishou-roshia-houmon/
玄葉外相は7月27日にロシアに到着し、モスクワでセルゲイ・ラヴロフ外相と会談する。その中ではシベリアでの共同エネルギー事業やクリル諸島の帰属問題などを検討する。

6月26日
ロシア外務省 南クリル諸島への指導部訪問に外国のコメントは不適切
http://japanese.ruvr.ru/2012_06_26/roshia-nihon-kuriru-shotou/
ロシア外務省の声明は25日日本のマスコミ報道で、同国の公人がロシア指導部が「懸案の領土」に行う訪問について、いわゆる「領土問題」に対する日本政府の立場と矛盾すると発言したことを受けて出されたもの。



人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【2012年6月 『ロシアの声』に登場する北方領土】

2012年『ロシアの声』に登場する北方領土 6月1日韓国の専門家ら イトゥルップ島(択捉)で港湾建設に参加http://japanese.ruvr.ru/2012_06_01/kankoku-no-semmonkara-kuriru-de-kouwan-kensetsu-ni-sanka/開発に

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事